ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 世界エイズデーについて

世界エイズデーについて

12月1日は世界エイズデーです!

世界エイズデーは、世界レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ることを目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。
本年度のキャンペーンテーマは「レッドリボン30 周年 ~Think Together Again~」です。
このレッドリボンがエイズのために使われ始めたのは、エイズが社会的な問題となりつつあった30 年前のアメリカです。1991 年にニューヨークの芸術家たちが、エイズで亡くなった仲間に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を表明するため、レッドリボンをシンボルとする運動を始めました。
(※詳細は、API-Netエイズ予防情報ネットを参照ください。)
治療法の進歩によりHIV陽性者の予後が改善された結果、HIV陽性者は感染の早期把握、治療の早期開始・継続によりエイズの発症を防ぐことができ、HIVに感染していない人と同等の生活を送ることが期待できるようになりました。また、治療を継続して体内のウイルス量が減少すれば、HIVに感染している人から他の人への感染リスクが大きく低下することも確認されています。
本県でも世界エイズデーを中心に、HIV/エイズに関する検査や治療、支援などの正しい知識の普及啓発活動や、一部保健所、支所で夜間・休日検査を実施します。
世界エイズデー

令和3年度 岡山県 世界エイズデーの取組について

本年度も、JR岡山駅階段下で、世界エイズデー街頭キャンペーンを実施予定です。
エイズに関することはもちろん、新型コロナウイルスの影響で、保健所の検査数が全国的にも低下しており、改めて、検査の受検を皆様に呼びかけます。当日は、マスクをつけたももっちに出会えるかもしれません。
その他、県保健所、保健所支所でも啓発活動を実施します。

HIVとエイズ(AIDS)

HIV(注1)はウイルスの名前で、エイズ(注2)は病気の名前です。
HIV感染は体の中にHIVが存在している状態をいいます。HIVに感染して2~4週間経過すると、発熱、咽頭痛、筋肉痛など、インフルエンザ様の症状が出ることがありますが、これらの症状は多くの場合、自然に消えます。また、症状自体が無症状の場合もあります。 その後、自覚症状のない時期が通常は数年続きますが、HIVによってその間にも病気と闘う免疫力の低下が進行します。体の免疫力が低下し、本来なら、自分の力で抑えることのできる病気を発症する (日和見感染)ようになってしまします。免疫力が落ちることで発症する疾患のうち、代表的な23の疾患 (カンジダ症、ニューモシスティス肺炎など)を発症すると、エイズ発症と診断されます。 ただし、その場合も合併症の治療を行い、また、HIV感染の治療により免疫力を回復させることができます。
★現在、HIV感染症は「死の病」ではなく、コントロール可能な「慢性疾患」と考えられるようになっています。また、エイズ発症前にHIV感染を発見できれば、エイズ発症を予防できるようになってきており、このことから、HIV感染の早期発見がますます重要となっています。

注1 HIV(Human Immunodeficiency Virus):ヒト免疫不全ウイルス
注2 エイズ:Acquired Immune Deficiency Syndromeの頭文字をとったもの(AIDS)、後天性免疫不全症候群

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 世界エイズデーについて