ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター R2年10月 高梁のおいしいものをPR「備中たかはしフェア」開催

R2年10月 高梁のおいしいものをPR「備中たかはしフェア」開催

高梁のおいしいものをPR「備中たかはしフェア」開催

 岡山高島屋地下2階で10月28日から「備中たかはしフェア」が始まりました。11月3日まで開催されます。この催しは、高島屋の要請に応えて、高梁市特産品創出ネットワークが主催し、昨年に引き続き2回目の開催となります。
 高梁市特産品創出ネットワークは、特産品の育成と販路開拓を図ることを目的に組織した団体で、市内事業者の取りまとめを担っています。
 今年は昨年を上回る25の事業者が出店しており、6次産業化に取り組む(一社)宇治雑穀研究会や佐藤紅商店などの商品も数多く販売されています。また、JA晴れの国岡山も初出店し、ぶどうやトマトの青果物とブランド化を進めている「高梁茶」を販売しています。
 会場を訪れた消費者から「備中たかはしフェアを楽しみに待っていた。」「高梁を訪れてみたい。」との声が聞かれ、好評を博しています。出店者からは「コロナの影響で、イベントが軒並み中止となる中、久しぶりにお客様と接することができて嬉しい。」「出品にあたって、商品のブラッシュアップを図ることができた。」とフェアへの手ごたえを感じる声を聴くことができました。
 普及指導センターは、出店にあたり6次産業化商品の適正表示などを支援してきました。高梁の特産品の知名度向上に向け、引き続き取り組んでいきます。
6次化商品をPR

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 備中県民局 備北広域農業普及指導センター R2年10月 高梁のおいしいものをPR「備中たかはしフェア」開催