ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

もも園でロボット草刈り機実演

 備前広域農業普及指導センターは、9月17、18日に、JA岡山一宮選果場果樹部会もも部管内でロボット草刈り機の実演会を行いました。

 部会内では草生栽培が普及し、大規模生産者を中心に乗用草刈り機が導入されていますが、繁忙期は他の作業と重なり重労働となっており、さらなる規模拡大には園地管理の省力化が必要になっています。

 実演機はエリアワイヤーで囲んだ作業範囲内を、充電を繰り返しながら自動で草刈りを行う機械で、メーカーによる説明と実演が行われました。出席者からは、「無人で夜間作業はできるか?」「稼働時間はどの位か?」など導入した際の省力効果について確認する質問や現機種の改良点についての意見が出ており、導入に前向きな意見が多く聞かれました。

 備前広域農業普及指導センターでは、今後も省力化や労働分散につながる技術の普及などにより大規模生産者の育成を継続していきます。 

ロボット草刈り機の実演風景

ロボット草刈り機の実演風景

実演機

実演機

メンテナンスの説明

メンテナンス等の確認