ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター ジャンボタニシに負けない稲作りを目指して

ジャンボタニシに負けない稲作りを目指して

 岡山市東区西大寺地区の上南米麦クラブは、8月18日(火曜日)にJA岡山上南支所で次年度のジャンボタニシ被害の軽減を目的とした研修会を開催しました。当日はクラブ員のほか、関係機関や備前広域農業普及指導センターの担当者ら18名が参加しました。

 研修会では、普及指導センターからジャンボタニシの生態と、冬期の耕耘による貝破砕やほ場の均平、田植え初期の浅水管理など対策のポイントについて説明した後、全農岡山から農薬の特徴と米穀情勢について情報提供を行いました。クラブ員は基本的な対策の積み上げの重要性を学ぶなど、活気のある研修会となりました。

 普及指導センターでは、今後も上南米麦クラブの活動を支援していきます。

研修会の様子

研修会の様子


トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター ジャンボタニシに負けない稲作りを目指して