ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター センシングデータを活用して水稲の可変施肥を行いました!

センシングデータを活用して水稲の可変施肥を行いました!

 岡山スマート農業協議会は、水稲(アケボノ、朝日、山田錦)の省力・低コスト・安定生産を目的として、幼穂形成期に行ったドローンによるリモートセンシングで作成した施肥マップに基づき、8月25日にラジコンヘリコプターによる追肥を行いました。

施肥マップには、目視ではわからない葉色などの差が反映されており精密な追肥が可能となることから、農家からは「今後の生育が楽しみだ」という声があり、期待が寄せられています。今後は、9月1日に施肥の効果を確認するため、再度ドローンによるセンシングを行う予定です。

備前広域農業普及指導センターでは引き続きスマート農業技術の検証を行うとともに岡山地方大型米麦研究会の会員等に対して最新の技術情報を提供する予定です。

ラジコンヘリコプターの準備風景

ラジコンヘリコプターの準備の様子

ラジコンヘリコプターによる肥料散布の様子

ラジコンヘリコプターによる肥料散布の様子


トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター センシングデータを活用して水稲の可変施肥を行いました!