ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 勝英農業普及指導センター 農業後継者クラブがドローン研修会を開催

農業後継者クラブがドローン研修会を開催


水田での説明の様子
講演の様子
 8月24日、勝英地方新農業経営者クラブ連絡協議会(事務局:勝英農業普及指導センター)は、会員と関係機関を対象に農業用ドローン活用研修会を開催し、19名の参加がありました。
 本研修会は、農業用ドローンの販売・講習等を手がける業者を講師に迎え、水稲の病害虫防除を中心に活用が進んでいるドローンについて、リモートセンシングによる生育診断や、他作物への活用の可能性などの知識を深めることを目的に開催しました。
 8月上中旬にドローン搭載のカメラで水稲の生育状況を撮影・解析後、対照田に比べて水稲の活性度がやや低い実証田にドローンで追肥を行い、12日後の今回、改めてドローンで撮影・解析したところ、実証田の水稲の活性度が対照田と同等になっていることを確認しました。講演では、日々進化を続けるドローンの機能や、普及が期待される利用技術について説明がありました。参加者からは、「果樹の病害虫防除が可能か」、「年間維持費はどれくらいか」など、導入・活用に向けた具体的な質問が多くありました。
 普及指導センターは、引き続き青年農業者に対しスマート農業技術等の情報提供を進めるとともに、関係機関と連携して協議会の運営を支援していきます。

トップページ 組織で探す 美作県民局 勝英農業普及指導センター 農業後継者クラブがドローン研修会を開催