ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第4回ぶどう栽培初心者の会を開催

1 市町村名
 津山市、鏡野町、久米南町、美咲町
   
2 内容
 本年度4回目のぶどう栽培初心者の会が、8月6日に久米南町山手のぶどう産地で開催され、農業実務研修生、新規就農者、就農予定者等の会員25名が参加しました。
 まず普及指導員が、主要品種の収穫適期、共同出荷の規格、礼肥の時期や量、若木の枝管理などを講習しました。
 その後、園主でIターン就農9年目の先輩生産者が、就農時45aの栽培面積から、様々な作型や品種を組み合わせて労力分散を図り、機械化による省力化を進めて1.1haまで拡大したこと、果樹棚などの施設を自力で施工したこと、有利販売のためにシャインマスカットの貯蔵に取り組んでいることなど、就農から現在までの経営について話をしました。
 また、今年度導入したロボット草刈機を実際に稼働させ、その省力効果を説明しました。
 参加者は「ハウスを組み立てる技術はどこで身につけたのか」「シャインマスカットの冷蔵による長期出荷について詳しく教えて欲しい」など積極的に質問していました。
 次回は、9月下旬~10月上旬に、施肥・土づくりを中心とした講習を計画しています。
普及指導センターは、今後も初心者の会を通して、ぶどう産地の担い手の確保と育成を図ります。 
 
3 特記事項・補足事項   
・ぶどう栽培初心者の会は、津山地域農業振興技術者連絡協議会が主催する会で、津山地域で販売目的にぶどう栽培を始めて間もない生産者および予定者を対象に、基本技術の習得と仲間づくりを目的に毎年6回程度開催しています。今年度の現会員数は55名です。
講習に耳を傾ける受講生
経営について話をする先輩生産者