ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 6次産業化の第一歩!農産加工研修会を開催

6次産業化の第一歩!農産加工研修会を開催

備北広域農業普及指導センターと新見農業普及指導センターは、8月6日、新見市石蟹公民館で6次産業化研修会を開催しました。この研修会は、6次産業化に関心ある農家等を対象に、商品づくりの基本となる農産加工技術や食品衛生知識の習得を目的に開催したもので、ぶどう栽培農家や地元農産物の活用に関心ある7人が参加しました。
 岡山県農業開発研究所の職員を講師に招き、桃の瓶詰加工を題材にして講義と実習を行いました。手洗いの励行等衛生管理を徹底すること、加工品づくりでは殺菌温度や時間を守ること等自家用とは違う点を学び、参加者は認識を新たにしました。研修会後のアンケートでは、「瓶詰の正しい方法を知ることができて、参考になった」、「ピオーネでも作ってみたい」等の感想がありました。

 普及指導センターでは、今後も6次産業化に関心ある農業者等の育成を図っていきます。

 

講義の様子初めての加工


トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 6次産業化の第一歩!農産加工研修会を開催