ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 「赤磐スマート農業実証コンソーシアム」第1回推進会議を開催!

「赤磐スマート農業実証コンソーシアム」第1回推進会議を開催!

1 市村(地区) 赤磐市(山陽)

2 令和元年度から2年間の予定で実施している「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(赤磐スマート農業実証コンソーシアム)の令和2年度第1回推進会議が、8月4日、関係者23名(内1名“リモート”で参加)参集のもと、農業大学校研修交流ホールで開催されました。
 本年度の実証の進捗状況(トラクタ2台協調作業や補助者無しによるドローン防除、リモコン草刈機実証結果等)、今後の進め方について活発な意見交換を行いました。また、11月上旬の現地実演会、2月の推進研修会開催を確認しました。
普及指導センターでは、引き続きデータ収集や取りまとめ支援を行うとともに、取組状況や成果について研修会等で報告することとしています。


3 特記事項・補足事項
  実証課題名:中山間地域における水稲栽培の地域営農利潤を最大化するスマー
トアグリシステムの確立
  実証グループ名:赤磐スマート農業実証コンソーシアム
  実証の概要:食味を中心としたほ場のゾーニングを行うとともに、スマート農機一貫体系を導入することで、中山間地域における水稲栽培の利潤の最大化を図る。
  実証代表者:岡山県農林水産総合センター
  進行管理役:東備農業普及指導センター
  実証管理運営機関:(株)ファーム安井
  共同実証機関:赤磐市、(株)クボタ、(株)中四国クボタ、(一財)リモート・センシング技術センター、岡山大学、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(株)

4 関連事業
スマート農業技術の開発・実証プロジェクト
会議の様子

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 「赤磐スマート農業実証コンソーシアム」第1回推進会議を開催!