ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和2年7月28日 シャインマスカットの荷姿を統一して市場評価アップ

令和2年7月28日 シャインマスカットの荷姿を統一して市場評価アップ

1 市村
 真庭市

2 内容
 JA晴れの国岡山まにわぶどう部会は、7月28日、真庭市三崎のシャインマスカット加温栽培ほ場で、箱詰め研修会を開きました。9月始まる主力の簡易被覆栽培ものの出荷を前に、箱詰め技術の向上と荷姿の統一を目指して行ったもので、部会員40人が出席しました。
 部会長から、「生産技術は年々向上しているので、さらに荷姿の改善と統一を行い、真庭産シャインの市場評価を上げていこう」と挨拶がありました。
 続いて普及指導員が出荷規格や房の調整方法、箱詰めのポイントを説明した後、選果員が5kg箱への詰め方を実演しました。特に、房のバラツキや小粒の混入に注意し、「晴王」規格の糖度をしっかり確認するよう指導しました。生産者は果軸を入れる向き、房内の糖度基準、果皮色の基準についても再確認しました。
 普及指導センターは、今後とも部会やJAと連携し、真庭産シャインマスカットの栽培技術の向上とブランド力の強化を図っていきます。
選果員による箱詰め実演風景

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和2年7月28日 シャインマスカットの荷姿を統一して市場評価アップ