ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 美作広域農業普及指導センター ぶどう部会でロボット草刈機の検討会を実施

ぶどう部会でロボット草刈機の検討会を実施

1 市町村名 久米南町
     
2 内容
 7月29日にJA晴れの国岡山久米南ぶどう部会がロボット草刈機検討会を行い、部会員、関係者合わせて20人が参加しました。
 ぶどう部会は、一戸当たりの栽培面積が約77aと県下随一であり、一部で労力不足が見られることから、省力化技術への関心を高めるために検討会を開催しました。
 検討会では、メーカーによるロボット草刈機の紹介と展示、自動走行の実演が行われ、出席者からは、購入と運用に係る費用、使用上考えられる問題や導入効果等について、活発に質問が出されました。
 普及指導センターは、検討会の企画立案や開催を支援しました。今後も引き続き省力化効果の確認や普及に向けた課題の整理を進めていきます。

3 特記事項・補足事項   
 検討会内容
(1)ロボット草刈り機 展示・実演 ハスクバーナ・ゼノア社(Automower 435X AWD)
(2)ロボット草刈機の特長(性能等)について 資料で説明
   ハスクバーナ・ゼノア(Automower 435X AWD)、和同産業(MR-300)、ホンダ技研(Miimo HRM520)
(3)久米南町新規就農者応援事業(スマート農業導入事業)について
(4)その他
ロボット草刈機について説明を受ける部会員

トップページ 組織で探す 美作県民局 美作広域農業普及指導センター ぶどう部会でロボット草刈機の検討会を実施