ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

きゅうり選果で農福連携

1 市町村名 久米南町
   
2 内容
 6月22日、農福連携サポートセンターの仲介により、労力不足を解消したいJAと、就労機会を得たい障がい福祉サービス事業所4者が一堂に会し、障がい者派遣のための説明会が、JA晴れの国岡山・久米南きゅうり共同選果場で開催されました。
 説明会に先立ち、普及センターは6月8日にJA選果場担当者と面談して人手不足の状況や依頼したい作業内容を聞き取り、マッチング用資料を作成しました。
 6月17日には農福連携サポートセンター担当者を選果場に案内し、8日に作成した資料を基に説明して、実際の作業を見てもらいました。
 当日は、依頼する作業「箱折り・箱詰め」の説明があり、参加者は積極的に質問をしていました。
 4事業所とも引き受ける意向で、正式契約が整い次第、早ければ6月最終週から作業従事が始まる見込みです。
 普及センターでは、今後も選果場の状況確認を行うとともに、農福連携サポートセンターと情報交換しながら別の品目でも新たなマッチングに向けた検討を行う予定です。
 
3 特記事項・補足事項   
 参加した4事業所の内訳:就労継続支援A型事業所・B型事業所各2か所
  

4 関連事業        
 農福連携普及啓発推進事業(お試しノウフク)
 ※普及センターは当初お試しノウフクとして活動していたが、マッチングにより話が進み、正式契約による作業従事の運びとなった。
ビニールを敷いて箱折り完成
実際の箱詰め作業
説明を聞く参加者