ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和2年6月4日 夏秋なす 作業性向上を目指してリビングマルチ

令和2年6月4日 夏秋なす 作業性向上を目指してリビングマルチ

1 市村
 真庭市

2 内容
JA晴れの国岡山落合野菜生産組合なす部会は、6月4日、夏秋なす講習会を開き、リビングマルチの播種作業を行いました。
 夏秋なす栽培は、梅雨明け以降に水分が多く必要になります。積極的にかん水をしますが、畝間が常に湿った状態になるため足下がぬかるみ、収穫や栽培管理時の作業性が悪くなっていました。
 今回、比較的湿害でも発芽するリビングマルチを選定し、生産者ほ場の畝間に播種しました。出席者からは「草丈はどのくらいになりますか」「他の品目での活用はどうですか」など積極的な質疑応答がありました。
 普及指導センターでは、リビングマルチの効果やなすへの影響を調査・検証するとともに、講習会等を活用して地域へ情報提供していきます。
畝間に播種作業中

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和2年6月4日 夏秋なす 作業性向上を目指してリビングマルチ