ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査を実施します

PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査を実施します

PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査の実施について

 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」といいます。)は、かつて電気機器の絶縁油などに使用されましたが、その毒性が問題となり、人の健康や生活環境への被害を生ずるおそれがあることから、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により規制がなされ、PCBを使用した照明器具の安定器(電灯のちらつきを安定させる装置)は、令和3年3月31日までに全て廃棄処分することが義務づけられています。

 岡山県では、県内のPCB使用安定器の保有状況を把握し、期限内に確実な処分が行われるよう、PCB使用安定器を使用した可能性のある昭和52年3月以前に建築された建物の所有者を対象に、令和元年度にPCB使用安定器の保有状況に関するアンケートを実施しました。(アンケート調査の詳細については、「PCB使用安定器の保有状況の調査にご協力ください。」をご覧ください。

 この度、処分期限が残り1年と迫ってきたことから、上記アンケート調査に回答いただいていない方などPCB使用安定器の保有状況を確認できていない方を対象に、訪問調査員による訪問調査を実施し、PCB使用安定器の保有状況の聞き取りを行うこととしました。訪問調査員の訪問があった場合は、本件訪問調査にご協力いただきますようお願いします。

安定器

訪問調査対象者

 昭和52年3月以前に建築された建物の所有者のうち、県が実施したPCB使用安定器の保有状況に関するアンケート調査においてPCB使用安定器の保有状況が確認できなかった方

訪問調査実施期間

 令和2年6月上旬~令和2年9月30日

訪問調査業務受託者

 株式会社ゼンリン 岡山営業所(岡山市北区下中野323-111)

 (※本件訪問調査は、岡山県が「(株)ゼンリン 岡山営業所」に委託して実施しています。)

訪問調査の内容

 (株)ゼンリンの訪問調査員が、調査対象者を訪問し、聞き取りによりPCB使用安定器の有無を確認します。聞き取りによる確認を行いますので、訪問調査員が照明器具等に触れて確認することはありません。

 訪問調査員は、岡山県が通知した訪問調査員であることを示す文書を携帯しています。

 訪問調査において、訪問調査員が金銭を要求することは一切ありません

訪問調査で配布している資料

お問い合わせ窓口

【訪問調査に関するお問い合わせ先】

 株式会社ゼンリン 岡山営業所(岡山市北区下中野323-111)

 電話番号:0120-345-423

【岡山県担当部署】

 岡山県環境文化部循環型社会推進課 産業廃棄物班

 電話番号:086-226-7308

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査を実施します