ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 精神保健福祉センター 新型コロナウイルスに関するこころのケアについて

新型コロナウイルスに関するこころのケアについて

新型コロナウイルスに関するこころのケアについて

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、私たちの生活に大きく影響し、外出自粛などで不安やストレスを感じていらっしゃる方も少なくないと思います。
 身体や心のセルフケアを積極的に取り入れるとともに、つらい気持ちが長く続くなど、心の不調が続く場合は、身近な人や専門機関に相談しましょう。
   新型コロナウイルスに関するメンタルへルス相談:086-201-0850
     相談日時:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
          午前9時から午後4時
*新型コロナウイルスに関するこころのケア啓発用リーフレットを掲載しています。
*新型コロナウイルス感染症に関係するメンタルヘルス情報サイト

社会福祉施設等におけるクラスター発生に係る職員のメンタルへルス支援について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、社会福祉施設等の現場においては、職員は自身の感染予防に加えて、利用者の方々の感染予防にも細心の注意を払いながら日々の業務に従事されています。特にクラスターが発生した施設等の職員の皆様におかれましては、さらに大きな心理的ストレスを抱えていらっしゃることと思います。
 職員の皆様が、ご自身のメンタルヘルスを守ることができるようリーフレットにまとめてみました。また、管理者やチームリーダーの方々が職員のメンタルへルスを良好に保つためのヒントについてもまとめています。
*職員のメンタルへルスケアに関する情報サイト
 岡山県精神保健福祉センターでは、クラスターが発生した施設職員の皆様のメンタルヘルスの支援を行っています。必要に応じて管理者やチームリーダーが行うメンタルへルス対策の助言等、お手伝いを行いますので、ご希望の場合は、保健所・支所、または直接センターにお問い合わせください。



    

   クラスター発生施設職員のメンタルへルスに関する相談窓口:086-201-0850
    岡山県精神保健福祉センター相談科 担当:右近、西村 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 精神保健福祉センター 新型コロナウイルスに関するこころのケアについて