ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 こんなときだからこそ・・ 教えてほしい! 「ほっこりメッセージ」-募集期間延長-

こんなときだからこそ・・ 教えてほしい! 「ほっこりメッセージ」-募集期間延長-

 新型コロナウイルス感染症拡大緊急事態宣言が解除となり、今後は、リモートワーク等の新たな働き方や生活スタイルを取り入れながら、収束に向けて引き続き取り組むことが求められていることから、「ほっこりメッセージ・絵手紙」について、期間を延長して募集します。
  
 例えば・・・
 
◆「ごみ袋に感謝の手紙」
 ○○県○○市で、燃えるゴミの袋に「私たちのために働いてくださってありがとうございます。」という清掃職員にあてた市民から感謝の手紙が貼られていたそうです。
 職員は、「励みになります。見たときは思わずうるっときました。今も大切に持ち歩いています。」とのこと。
 →(カテゴリ:A エッセンシャルワーカーへの感謝の気持ち)
   
◆「父から、都心の大学へ通う娘へ」 
 ゴールデンウィークの帰省を楽しみにしていたから本当に寂しいよ。でも、テレビ電話の使い方を伝授してもらって、共通の話題ができたことが嬉しかったな。直接言うのは照れるけどね。
 →(カテゴリ:B 離れた場所に住んでいる家族や友人へのメッセージ) 

1 募集内容

1)メッセージ(200字以内) ※写真は2枚まで添付可能です。
2)絵手紙
  
 ◆次のカテゴリーごとに募集します。
    A エッセンシャルワーカー(※) への感謝の気持ち
     ※ 医療・介護従事者、保育士、スーパーの店員など、私たちの社会を支えるために
      必要不可欠な仕事を担う人
    B 離れた場所に住んでいる家族や友人へのメッセージ
    C 気分がほっこりしたエピソード
    D 外出自粛でできた時間の使い方
    E 感染拡大が収束したときにやりたいこと
    F その他
 ◆集まったメッセージ・絵手紙の中から、県のホームページで随時紹介します。
 ◆メッセージ・エピソードは200字以内とします。
 ◆応募いただいたメッセージ等の著作権は、岡山県に帰属するものとします。

2 募集期間

令和2年5月1日(金曜日)~9月30日(水曜日) ※延長しました

3 応募方法

次の(1)~(5)を、メール・ハガキ・封書又は岡山県電子申請サービスを使ってお送りください。

 (1) ペンネーム(必須)
 (2) 名前(任意)
 (3) お住いの市町村名
 (4) カテゴリ(A~Fより選んでください。)
 (5) メッセージ(200字以内)または 絵手紙

4 送付先

【メール】 jinken@pref.okayama.lg.jp
【ハガキ・封書】 〒700-8570(住所不要)県庁人権施策推進課あて
【電子申請サービス】次のリンクから、入力サイトへ移動できます。

5 その他

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 人権施策推進課 こんなときだからこそ・・ 教えてほしい! 「ほっこりメッセージ」-募集期間延長-