ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

受動喫煙対策について

受動喫煙対策について

受動喫煙対策がルールになりました

 平成30年7月、健康増進法の一部を改正する法律が成立し、望まない受動喫煙を防止するための
取り組みはマナーからルールになりました。
 多くの人が利用する施設において、定められた喫煙場所以外は禁煙となります。
※ 既存の小規模飲食店の管理権原者の皆様へ

   ・「管理権原者」とは、施設の所有者など、その施設の設備の改修等を
    適法に行うことができる権原を持つ人をいいます。

敷地内全面禁煙実施施設を募集しています

 岡山県では受動喫煙を防止する環境を積極的に推進するため、所定の要件を満たす施設を
「敷地内全面禁煙実施施設」として認定、登録しています。
 認定を受けた施設には認定証(ステッカー)を交付し、希望する施設について、その施設の
情報を県ホームページに掲載します。

屋内全面禁煙を宣言する施設を募集しています

 改正健康増進法では、禁煙の標識を掲示する義務はないため、飲食店や事務所などが屋内を
全面禁煙にしていてもわかりづらい状況にあります。
 岡山県では、屋内全面禁煙の施設が利用者に識別してもらいやすくなるよう、「禁煙宣言」を
行った施設に「禁煙表示ステッカー」をお渡しします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)