ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 男女共同参画青少年課 【令和元年度】「あなたも輝く☆晴れの国女子」私の働き方発表会を開催しました。

【令和元年度】「あなたも輝く☆晴れの国女子」私の働き方発表会を開催しました。

私の働き方発表会
 働く女性や働きたい女性、大学生・高校生、女性活躍に取り組みたい企業の方を対象にトークイベント「私の働き方発表会」(日時:令和元年11月18日(月曜日) 場所:岡山大学Junko Fukutake Hall)を開催し、約60人が参加しました。
 ウェブサイト「あなたも輝く☆晴れの国女子」で紹介したロールモデルの女性3人と女性活躍を推進している企業担当者が出演し、経験や仕事のやりがい、将来のキャリアプランなどをインタビュー形式で紹介しました。また、「女性が生き活きと働き続けることのできる社会とは」をテーマにパネルディスカッションを行いました。会場では女性活躍を推進している企業の先進的な取組も紹介しました。
私の働き方発表会

コーディネーター (株)宙 代表取締役・栗栖佳子さん講演

働く女性の現状
働く女性の現状
岡山県内の課題
岡山県の目指す姿
意見交換会アンケート結果
転機を乗り切るためのリソース
意見交換会の結果
転機を乗り切るためのリソース

ロールモデルの発言要旨

日本生命保険相互会社 岡山支社 岡山法人市場1課 渡辺 恵さん

・担当企業から契約をいただけない期間が2~3ケ月ある等、つらい時期もあったけれど、周囲からのサポートもあり諦めずに取り組んできた経験を経て、現在は部下を育てる立場になり、なかなか成果が出ずに苦戦していた職員と一緒に頑張って成果につながった時に、今の仕事のやりがいを感じた。
・現在アシスタントリーダーの業務に従事しているが、今後は自分の組織を持つリーダーに昇格し、さらに上位職を目指してキャリアアップしていきたい。また営業現場での経験を活かし、他部門にもチャレンジしていきたい。

株式会社ホテルグランヴィア岡山 宿泊部宿泊サービス課 係長 立畑 沙季子さん

・子供の急病で早退や休むことが重なり、仕事を続けていけるか悩んだりしたが上司や先輩に相談し、現在も助けられながら責任ある仕事を任せていただいています。
・結婚して出産しても安心して働ける職場であることを自身で証明していき、将来は母親もしながら管理職を務めたいです。

株式会社パソナ岡山 道の駅くめなん 駅長 織田 紘子さん

・3~5年に一回大きい波がくる。重要顧客の担当になる、職種チェンジなど。上司からの「あなたに任せたのは私の責任だから、失敗を恐れず、おりちゃんらしくやりなさい!」という言葉が後押し。「あなただから」という言葉に弱い。
・仕事にかかわる人(お客様、同僚、上司などなど)すべてがワクワクできる瞬間にやりがいを感じる。
・実践を通じての「人材育成」ができるビジネスに関わって、産み出していきたい。「社会の問題点を解決する」という企業理念のとおり、課題解決をすることで社会貢献と継続可能なビジネスを作りたい。

株式会社中国銀行 NEXT10推進室 室長 坂口 有美子さん

これまでに経験した3つの節目
(1) 三年目の転勤
・辛い転勤→チャンスは逃さない→自分のモットーになる言葉を聞く
(2) 初めての役席
・失敗だらけ→人を育てることにやりがい
(3) コース転換
・地域限定総合職から総合職への転換について背中を押される→尻込み→更に決意をあらたに。
・今まで、一般行員、支店長代理、支店長、コース転換をして今の本部の室長を経験。子供がまだ小さいのでまだまだ、両立をしながらの仕事は覚悟。しっかりお母さんの役割をはたしていきつつ、ワークライフバランスプラスソーシャルを大切にしたい。これからの女性に背中をみせたい。

パネルディスカッション「女性がいきいきと働き続けることのできる社会とは」

女性の意識がどう変わればよいか

・職場は、参観日などの学校行事、家族の看病を理由に休暇を取れる休暇制度や保育園の関係で育休を延長できたりする等、制度や環境は整っているので仕事を楽しむことを忘れず、仕事は仕事として本気でやることが大切だと思う。
・産休、育休の取得に負い目を感じず取得して欲しいです。子育ては必要な時はしっかり子育てをし、社会復帰した際は、まわりに助けてもらいながらしっかり頑張れば大丈夫です。
・自分の得意に気づいて、建設的なディスカッションができるようになるとよいなと思います。
・制度は女性を甘やかすためにあるものではない。子供がいるから甘えてもいいという風になってはいけないと思う。「今日は早退してごめんね」と言う時に「いいよ、早く帰ってあげて」といってもらえるような自分になることが大事。制度は拡充していっても、こういうところが抜け落ちていると感じる。女性がいきいきと働き続けるためには女性自身の意識が変わることが大切。

男性の意識がどう変わればよいか

・「女性だから早く帰る」というような男性と女性を分けた考えではなく、男性社員も早く家に帰り、家庭を大切にする意識を持つと、性別にかかわらず同じ立場で働ける環境になるのではないかと思う。
・自身が育休の取得を検討してみた時、難しいようであれば、なぜ難しいのか、仕事の責任か、収入の話か、家事の得手不得手か。その中でも取得する女性のことを考えてみて欲しいです。もっと理解が深くなるかもしれません。
・自分の得意に気づいて自信がつけば力のある女性と同じ目線で仕事ができると思います。
・何故、女性が働き続けることが重要になったのかをまずは理解しないといけない。女性は男性と同じ仕事をすることが求められているのではなく、女性ならではの価値観、考え方を発揮し、企業価値を高めていく。つまり、ダイバーは企業業績の向上であり男性にとっても自分ごと。

会社の風土がどう変わればよいか

・女性がいきいきと働くためには、男性のサポートが必要不可欠なので、社内では 男性の育休取得を推奨しているが、一般的にももっと男性が育休取得しやすい風土になれば良いと感じる。
・弊社は男性管理職しかいないので、女性社員ももっと進出して、若い社員も上を目指してがんばってもらいたいです。
・忖度なく、自ら考え動く。「そうはいってもそうはいかないよね」のようなダブルスタンダードのない風土。
・ダイバーシティの阻害要因ともいわれている無意識の偏見。中でも男性社員が持つ女性社員に対する無意識の偏見や固定観念は女性の社会進出を妨げていると指摘されている。なくすことはできないが、気づくこと、知ることが企業成長の鍵になる。また、女性に遠慮してマネジメントしている男性上司はまだ多い。女性を男性と同じようにいずれわが社を担ってくれる後継人材であると期待して育成機会を与えて鍛える上司がその組織にどれくらいいるかで、会社の成長も大きく違ってくる。

社会全体がどう変わればいいか

・「男性はこう、女性はこう」という固定観念がなくなればよい。例えば、「家事は女性がやること」等
・先進国の中でも日本は女性議員や管理職の比率も低いです。一方、女性の就業率は上がっているので、もっと活躍できる機会が増えればいいなと思います。
・今までの固定概念にとらわれない自由な働き方が許され(在宅、時間、副業など)それぞれの得意を最大に生かしあえる社会。
・女性活躍は女性が男性と同じ仕事を求められているわけではないので、そこを男女ともに本質を理解し、女性が遠慮することなく自分の考え方や価値観を遺憾なく発揮できる社会が未来像。

その他の意見

・管理職、若手社員、男性、女性といった立場を問わず、仕事もプライベートも充実させる社会になれば良いと感じる。
・結婚しても、子供がいても、自分の仕事に誇りをもって働けることが大切。
・男性もいきいきと働き続けることのできる社会、それぞれの得意を尊重しあい、額に汗する人が評価される社会が理想。
・女性活躍は女性が男性と同じ仕事を求められているわけではないので、そこを男女ともに本質を理解し、女性が遠慮することなく自分の考え方や価値観を遺憾なく発揮できる社会が未来像。

女性活躍を推進している企業の先進的取組

ウェブサイト『あなたも輝く☆晴れの国女子』

県内の様々な業種・職種・キャリアステージで活躍する女性をロールモデルとして紹介。仕事のやりがいや将来のキャリアプラン、これから輝きたい女性へのメッセージなど未来設計のヒントがたくさん詰まっています!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 男女共同参画青少年課 【令和元年度】「あなたも輝く☆晴れの国女子」私の働き方発表会を開催しました。