ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

倉敷地方いちご共進会を開催!

1 市町村名 

   倉敷市、総社市

 

2 内容 

  「倉敷地方施設いちご研究会」は1月21日、倉敷市役所展示ホールでいちご共進会を開催しました。当日は「さがほのか」8点、「紅ほっぺ」6点、「章姫」2点、「晴苺」1点、「その他品種」3点の計20点が出品され、吉備の国スイーツ研究会会員、市場、JAや普及指導センターの職員ら8名の審査員が外観や食味等を審査し、優れた5点が選出されました。 

  今年は栽培管理が難しい年でありましたが、出品されたいちごは色艶が良く食味も良好で、優れた品質でありました。共進会に引き続いて行われた表彰式の後に即売会を開催し、倉敷地域のいちごを消費者にPRしました。

  普及指導センターでは今後も、いちご研究会活動の活性化と倉敷地域のいちご生産振興を支援します。

 

3 特記事項・補足事項

 ・倉敷地方施設いちご研究会は昭和60年に倉敷市、総社市のいちご生産者で組織されました。

 ・会員22戸、生産面積約3ha

 ・品評会の受賞は次のとおり

   備中県民局長賞                1点

   総社市長賞         1点

      倉敷市長賞         1点

      岡山西農業協同組合長賞      1点

      倉敷かさや農業協同組合長賞   1点

 ・吉備の国スイーツ研究会は、岡山県内の特産品を使ったスイーツで地産地消を盛り上げるために、笠岡市や倉敷市などの和、洋菓子店主が立ち上げた団体です。

審査の様子即売会

 

写真左:審査の様子

写真右:消費者との交流と即売会