ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 美作広域農業普及指導センター 令和2年1月24日 ブドウの鳥獣害対策に向けて取り組み意識を高める

令和2年1月24日 ブドウの鳥獣害対策に向けて取り組み意識を高める

1 市町村名
 久米南町

2 内容
 美作広域農業普及指導センターは、令和2年1月22日、久米南町山手で、JAつやま久米南ぶどう部会を対象に鳥獣害対策研修会を開催しました。
野生鳥獣害対策連携センターの講師が、イノシシ・中型獣類等によるブドウ食害の特徴と防護柵について説明した後、新植予定地や昨年電気柵を設置していたにもかかわらず被害発生したほ場で現地指導を受けました。
部会員は、防護柵の種類や電圧の確認方法などを勉強し、講師から「まずは園地を囲うこと。それでも、柵を突破されることもあるので、罠を設置し捕獲して個体数を減らしていくことも重要」と捕獲の重要性について説明がありました。部会員からは「みんな、狩猟免許を取得しよう」との声も聞かれ、開催後のアンケートでは、すべての生産者が「今年から獣害対策を強化していきたい」と回答しました。
普及指導センターでは、講習会等でも鳥獣害対策への意識啓発を引き続き行っていき、部会の安定したぶどう生産を支援していきます。



3 特記事項・補足事項
・本研修会は、ぶどう収穫時期に鳥獣被害が発生している山手地区で、イノシシ・中型獣類を中心に、正しい動物の生態及び被害軽減対策の手法を現地で研修し、被害の未然防止を図ることを目的とした。
・出席者は、部会、役場、普及の計15名

4関連事業
中山間地域等活性化特別事業費 地域活力創出推進事業
室内研修会
屋外研修

トップページ 組織で探す 美作県民局 美作広域農業普及指導センター 令和2年1月24日 ブドウの鳥獣害対策に向けて取り組み意識を高める