ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和元年12月12日 普及指導活動検討会で活発な意見交換(真庭農業普及指導センター)

令和元年12月12日 普及指導活動検討会で活発な意見交換(真庭農業普及指導センター)

1 市村
  全域

2 内容
 真庭農業普及指導センターは、12月12日、地域事務所において、地方農業士会長や地域の農家代表、農協・市村等関係者34人の参加により「令和元年度普及指導活動検討会」を開催しました。
 検討会は、普及指導活動の成果を上げるために、活動経過を検討し、今後の普及活動に資することを目的に年1回実施しています。今年度は、「高品質ふどうの安定生産と産地維持体制整備」、「真庭産白ねぎのブランド化に向けた取組」、「低コスト・省力技術導入による水田農業担い手育成」の3課題について意見交換等を行いました。
 出席者からは、「普及指導センターの支援でスムーズな就農の流れができた」、「ぶどう荷姿統一に向けて協力して取り組んでいきたい」、「実証成果を踏まえて、来年は鉄コーティング湛水直播の取組面積を拡大したい」等、普及指導センターの活動に期待する意見が多く出されました。
 普及指導センターでは、検討会での意見や要望を踏まえて、次年度の普及指導計画の作成に取り組むことにしています。
活動発表の様子

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和元年12月12日 普及指導活動検討会で活発な意見交換(真庭農業普及指導センター)