ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 高品質なぶどうが出品された「新見市ピオーネ共励会」

高品質なぶどうが出品された「新見市ピオーネ共励会」

高品質なぶどうが出品された「新見市ピオーネ共励会」

内容

 令和元年度新見市ピオーネ共励会が9月20日にJA阿新Aコープパブリックホールにおいて開催された。新見市とJA阿新は、ピオーネの生産意欲の高揚と生産技術の向上による高品質果実の生産を進め、市場や消費者へPRするため、毎年開催している。
 今年の共励会には、簡易被覆栽培のピオーネ54点の出品があった。全農、共済組合、市、JA、県民局、普及指導センターの審査員14名が、房形や果皮色などの外観、糖度や食味などを審査し、入賞15点を選出した。今年は新規参入者4名が入賞し、着実な栽培技術の修得が裏付けられた。来年2月に開催されるJA阿新園芸生産者大会で表彰される。
 今年は、梅雨時期の日照不足やその後の猛暑、8月後半は長雨・日照不足となり、栽培に苦労した年であったが、生産者の努力により、出品されたピオーネは、房形、果粒の大きさなどの外観に優れ、糖度も高く、食味も良好で、非常にレベルの高い共励会となった。
 普及指導センターでは、講習会等で栽培技術の徹底を図り、高品質ピオーネの生産を指導する。

特記事項・補足事項

JA阿新ぶどう部会(314戸、87ha)

 

 

審査の様子出品されたピオーネ


トップページ 組織で探す 備中県民局 新見農業普及指導センター 高品質なぶどうが出品された「新見市ピオーネ共励会」