ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和元年9月19日 ミニパプリカ(ぱぷ丸)の出荷が最盛期を迎えました

令和元年9月19日 ミニパプリカ(ぱぷ丸)の出荷が最盛期を迎えました

1 市村(地区)
  真庭市

2 内容
 真庭市では、ミニパプリカ「ぱぷ丸」の出荷がピークを迎えており、手ごろな大きさとカラフルな見た目から、市内の直売所では人気商品となっています。 
 真庭園芸相談員らが地域の新たな特産品をつくろうと昨年度試作したもので、今年度は40戸の農家が約40a(4,700本)で栽培を始めています。真庭高校久世校地の生徒には苗づくり(2,400本)に協力をいただきました。
 今年度から栽培を始めた農家から「来年は栽培本数をもっと増やしたい」との声も聞かれ、今後の面積の拡大が期待されます。
 普及指導センターは関係機関と連携した栽培講習会などを通じ、今後も産地の取組を支援していきます。
現地講習会の様子
収穫された「ぱぷ丸」

トップページ 組織で探す 美作県民局 真庭農業普及指導センター 令和元年9月19日 ミニパプリカ(ぱぷ丸)の出荷が最盛期を迎えました