ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 三大河川流域啓発リレーの実施について

三大河川流域啓発リレーの実施について

令和元年度 三大河川流域啓発リレーを実施しました。

 瀬戸内海のごみの多くは、内陸部で発生したごみが、河川などを通じて流入する生活系のごみであることから、沿岸部だけでなく、県内全域の県民一人ひとりが、ごみをポイ捨てせず、その発生抑制に努めていく意識を持つことが重要です。
 このため、三大河川(旭川、吉井川、高梁川)の流域市町村と連携し、海ごみ発生抑制意識のたすきをつなげる、「三大河川流域啓発リレー」を実施しています。
 三大河川ごとに、上流、中流、下流それぞれ1市町村で、海や河川等の清掃活動と合わせ、海と河川のつながり、保全することの大切さについて、各地域の特性を踏まえた学習等を行い、最後に保全宣言を行います。
令和元年度は9市町で実施しました。

令和元年度・取組の様子

[旭川流域]
★7月7日(日曜日)に渋川海岸で玉野市・真庭市・美咲町の合同で開催しました。
みなさん、楽しく海ごみアート、環境学習をしていただきました。
[吉井川流域]
★津山市では7月27日(土曜日)に宮川~布滝に移動して開催しました。
水辺の学校で水質の調査を行い、環境学習もしました。
★備前市では7月27日(土曜日)に不老川周辺で開催しました。
備前中学校の生徒さんたちが、河川清掃を行い、瀬戸内海保全宣言をみんなで行いました。
★瀬戸内市では、8月7日(水曜日)に牛窓ヨットハーバーで開催しました。
 ごみ拾いの後、海ごみを使った作品を作りました。
[高梁川流域]
★高梁市では10月19日(土曜日)に高梁市ききょう緑地グラウンドで開催しました。
雨の中、参加のみなさんにパネル展示で環境学習をしていただきました。
★倉敷市では11月3日(日曜日)に倉敷市役所周辺で開催しました。
中学生の皆さんを中心に環境学習やアンケート、海ごみクイズをしていただきました。
★新見市では11月9日(土曜日)に新見市役所周辺で開催しました。
河川清掃を行った後、環境学習をしていただきました。

問い合わせ先

 環境文化部 循環型社会推進課 資源循環推進班
 Tel086-226-7306(直通)
 Fax086-224ー2271

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 三大河川流域啓発リレーの実施について