ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

阿新の桃 お待たせしました!

阿新の桃 お待たせしました!

 阿新農協桃部会の出荷が、主力品種の「白鳳」を皮切りに7月16日から始まりました。

 初出荷に先立ち同部会では目揃え会を開催し、今年度からエース規格(糖度:10度以上11度未満、果形:ロイヤルに次ぐもの)を導入したことによる選果基準の変更点や収穫適期の判断について担当者から説明を受け、生産者たちは熱心に目を合わせていました。

 今年の「白鳳」は春先の低温や晩霜による影響が心配されたものの、ゴールデンウイーク以降の天候に恵まれ、大玉で糖度は高く食味も良好です。

 出荷のピークは7月下旬頃で、「浅間白桃」「おかやま夢白桃」「川中島白桃」「ゴールデンピーチ」等品種が切り替わりながら9月下旬まで広島、岡山、倉敷の市場へ出荷が続きます。
 
 新見農業普及指導センターでは、高糖度・安定生産対策として栽培講習会や巡回指導を行っていきます。

※ 特記事項・補足事項
 阿新農協桃部会:部会員60名、栽培面積22ha

目揃え会の様子出荷に向けて団結する生産者