ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 人権教育課 自殺予防教育学習プログラム及び校内研修資料

自殺予防教育学習プログラム及び校内研修資料

自殺予防教育学習プログラム及び校内研修資料

 国の自殺総合対策大綱では、社会において直面する可能性のある様々な困難・ストレスへの対処方法を身に付けるための教育(SOSの出し方に関する教育)を推進することが示されており、児童生徒の自殺対策に資する教育に積極的に取り組むことが求められています。
○自殺予防教育学習プログラム
 学校における自殺予防教育の目標は、「早期の問題認識(心の健康)」と「援助希求的態度の育成」です。そのための学習プログラムとして授業展開例を作成しました。各学校においては、本学習プログラムを参考にして、生徒の実態や地域の実情に応じた自殺予防教育を実施してください。
○自殺予防教育校内研修資料
 自殺予防教育 校内研修資料には、自殺予防教育を実施するに当たっての共通理解事項等を掲載するとともに、自殺予防の基礎知識や授業展開例等をプレゼン形式で示し、校内研修等で活用できるようにしています。今後、各学校おいて本資料が積極的に活用され、自殺予防教育の取組が一層推進されることを期待しています。
※自殺予防教育校内研修(1)は、「教師が知っておきたい子どもの自殺予防」(平成21年3月 文部科学省)を参考に作成しています。
※自殺予防校内研修資料(2)(3)は、加古川市教育委員会青少年育成課教育相談センター学校支援カウンセラー 阪中順子氏の自殺予防教育プログラムを参考に作成しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 教育委員会 人権教育課 自殺予防教育学習プログラム及び校内研修資料