ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 地域を学んでのこさずたべよう事業

地域を学んでのこさずたべよう事業

地域を学んでのこさずたべよう事業

 岡山県では、若い世代の食品ロス削減意識の醸成のため、大学生が、食品がつくられるまでの労力や食品が生まれてくる地域の土壌・気候・風土等をフィールドワークで研究し、若者の視点や発想を生かした小学生向けの教材を作成の上、小学校での出前講座等を行う「地域を学んでのこさずたべよう事業」を実施します。
(※参加大学の研究室等への補助金交付事業)

令和2年度

ただいま、令和2年度実施の大学を募集しています。(募集期間は3月25日まで)
 
詳しくは、次のリンクをご覧ください。

令和元年度・取組の様子

令和元年度は、次のとおり、大学生が研究し、小学校で出前授業を行いました。
 
○10月4日(金曜日)及び25日(金曜日) 
   両日とも5時間目(13時40分~14時25分)及び6時間目(14時30分~15時15分)
   山陽学園短期大学生が、真庭市立美川小学校4年生1クラスと5年生1クラスに対し、1日1コマの出前授業を行いました。
 
○12月2日(月曜日)3~4時間目(10時45分~12時20分)
   岡山商科大学生が、備前市立三石小学校3年生1クラスに対し、出前授業を行いました。
 
○12月5日(木曜日)5時間目(13時55分~14時40分)
   岡山大学大学院生が、里庄町立里庄西小学校5年生2クラスに対し、出前授業を行いました。
★12月5日(木曜日)5時間目(13時55分~14時40分)
   岡山大学大学院生が、里庄町立里庄西小学校5年生2クラスに対し、出前授業を行いました。

「なぜ残さず食べる必要があるのか」
自分自身のこととして考え、仲間と話し合い、深める時間となりました。
家庭や学校での取組が、町や県や国の取組へとつながっていくことも学びました。
岡山大学生による里庄西小学校での授業の様子
岡山大学生による里庄西小学校での授業の様子岡山大学生による里庄西小学校での授業の様子

 

★12月2日(月曜日)
   3時間目(10時45分~11時30分)及び4時間目(11時35分~12時20分)
   岡山商科大学生が、備前市立三石小学校3年生1クラスに対し、1日1コマの出前授業を行いました。
   「おいしく食べることで食べ物を残さないようにしよう」をテーマに、三石地区の一大産業であったろう石に関する話(3時間目)、備前焼と食べ物のおいしさに関する話(4時間目)を、スライド・写真や紙で作った教材、児童が制作した備前焼のお皿などを使って行いました。
  また、授業後は児童たちと学生たちが、備前焼の器を使って、仲良く給食を食べました。
   
岡山商科大学生による三石小学校での授業の様子
授業1授業2
授業3授業4

 

★10月26日(土曜日)~27日(日曜日)及び11月1日(金曜日)
 岡山商科大学の学生が、備前市内でフィールドワークやヒアリングを行いました。
 また、11月22日(金曜日)には、備前市立三石小学校で事前事業を行い、実際の授業に備えました。
岡山商科大学のフィールドワーク&ヒアリング
フィールドワーク1フィールドワーク2
フィールドワーク4フィールドワーク3
ヒアリング事前事業

 

★10月4日(金曜日)及び25日(金曜日) 
   両日とも5時間目(13時40分~14時25分)及び6時間目(14時30分~15時15分)
   山陽学園短期大学生が、真庭市立美川小学校4年生1クラスと5年生1クラスに対し、1日1コマの出前授業を行いました。
   「真庭市にはどれくらいの食品ロスが発生しているの?」
   「どうすれば食品ロスを減らすことができるの?」
   みんなでしっかり考え、しっかり学びました。
山陽学園短期大学生による授業の様子
10月4日1枚目10月4日2枚目
10月25日1枚目10月25日2枚目

 

★9月10日(火曜日)と9月14日(土曜日)
 岡山商科大学の学生が、備前市内でフィールドワークを行いました。
 9月10日は、12月に授業をする三石小学校3年生のクラスを訪問し、仲良くなりました。その前に備前焼を製作、帰りに児童たちが推薦する深谷の滝と閑谷学校を訪問しました。
 9月14日は三石灯りの街イベントに参加し、この日に合わせて復刻されるみついし耐火最中を賞味し、ろうそく点灯にも参加しました。
岡山商科大学生のフィールドワーク
授業1授業2
備前焼1備前焼2
深谷の滝閑谷学校
みついし耐火最中灯り3
灯り1灯り2

 

★9月2日(月曜日)岡山商科大学の学生が、備前市内でフィールドワークを行いました。
 備前焼作家さんや三石小学校区の地域の方から多くのことを教わりました。
岡山商科大学生のフィールドワーク
備前焼1備前焼2
備前焼3おはなし1
おはなし2 

 

★8月28日(水曜日) 山陽学園短期大学の学生が真庭市内でフィールドワークを行いました。
 バイオ液肥の見学や農家さんへの訪問などを通じ、真庭市の研究をしました。
山陽学園短期大学生のフィールドワーク
真庭市役所バイオ液肥1
バイオ液肥2バイオ液肥3
農家1農家2
農家3 

 

平成30年度・取組の様子

平成30年度は、以下のエリアについて、大学生が研究し、小学校で出前授業を行いました。
 
○倉敷市 <ノートルダム清心女子大学>【倉敷市立天城(あまき)小学校)】 
○新見市旧大佐町エリア <岡山大学>【新見市立刑部(おさかべ)小学校】
○和気町 <山陽学園短期大学>【和気町立本荘(ほんじょう)小学校】 
 
平成30年度の取組については、こちら↓をごらんください。
のこさずたべよう
         ⓒ岡山県 ももっち・うらっち

問い合わせ先

 環境文化部 循環型社会推進課 資源循環推進班
 Tel086-226-7306(直通)
 Fax086-224ー2271

トップページ 組織で探す 環境文化部 循環型社会推進課 地域を学んでのこさずたべよう事業