ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 県民向け新型コロナワクチン接種のお知らせ

県民向け新型コロナワクチン接種のお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナワクチンは、医療機関や市町村が設ける接種会場で接種を受けることができます。

岡山県では、県内であればどの医療機関でも接種を行うことができます。

詳しくは、お住いの市町村のホームページをご確認ください。

<各市町村ホームページ一覧>

岡山市倉敷市津山市玉野市笠岡市
井原市総社市高梁市新見市備前市
瀬戸内市赤磐市真庭市美作市浅口市
和気町早島町里庄町矢掛町新庄村
鏡野町勝央町奈義町西粟倉村久米南町
美咲町吉備中央町   

 

接種施設(医療機関又は集団接種会場)の検索

 市町村広報紙やインターネットで、ワクチンを受けることができる医療機関や集団接種会場を検索します。

 お住まいの市町村のホームページ等で接種会場を確認することができます。

予約方法

 お住まいの市町村が指定する予約方法に応じて、市町村コールセンターやインターネットなどで予約してください。

 同じ種類のワクチンを一定の間隔をあけて2回予約してください。

 (ファイザー社の場合は21日、武田/モデルナ社の場合は28日間隔です。)

(1)Web予約

  Web予約は、次の「岡山県共通予約システム」へアクセスしてください。

 https://v-yoyaku.jp/330001-okayama

   ※システムの操作方法は下のパンフレットからご確認ください。

 共通予約システム1共通予約システム2

  岡山県共通予約システム操作手順 [PDFファイル/1.38MB]

  ※OSはWindows10、AndroidOS、iOSの最新バージョン、ブラウザは、Edge (Chromium版)、Chrome、Firefoxの

     最新バージョンで動作確認しています。(Internet Explorerはご利用いただけません。ご注意ください。)

       スマートフォン・タブレットはsafariもご利用いただけます。   

番号注意

(2)市町村コールセンターで予約

  各市町村コールセンターでの予約が可能です。

  ※市町村コールセンターの電話番号や受付開始時間は、下記一覧でご確認願います。

コール一覧

市町村コールセンター一覧(7月時点) [PDFファイル/94KB]

(3)その他

  医療機関によっては、直接医療機関へ予約となる場合もあります。

当日の持ち物

  ・接種券

  ・本人確認書類 (マイナンバーカード、運転免許証 等)

  ・予診票 (住所、氏名、質問事項等を事前に記入してください。)

  ・お薬手帳 (現在服用中のお薬がある方)

    ※必要な持ち物については、各接種会場の指示に従ってください。

接種を行うにあたっての注意点

  ※接種前に自宅で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した市町村の窓口や医療機関にご連絡ください。

  ※肩を出しやすい服装でお越しください。

  ※ワクチンの効果を十分に得るために、同じ種類のワクチンを一定の間隔を空けて2回受ける必要があります。

  ※同封された「クーポン券」は、2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。毎回、切りはなさず台紙ごとお持ちください。

ワクチンに関する有効性や副反応に関するご相談

  岡山県新型コロナワクチン専門相談センター

     電話番号:0120-701-327   全日9時00分~21時00分

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を各市町村が交付します。

 現在、接種証明書の提示により防疫措置の免除・ 緩和が認められる対象国・地域については、最新の状況を外務省海外安全ホームページでご確認ください。

 外務省HP「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧」

  https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

(1)対象者

 以下の2点のいずれにも該当する方に対して、発行します。

  ・予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を受けた人

  ・海外へ渡航する際、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、接種証明書を必要とする人

 ※当面は海外渡航時の利用目的でのみ発行の申請を行うことができます。

(2)申請先・申請方法

 申請先は、接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。
  接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

 県内各市町村の発行担当窓口や申請方法につきましては、下の一覧表でご確認ください。

市町村窓口一覧表

【0726時点】市町村窓口一覧 [PDFファイル/532KB]

(3)申請に必要なもの

 ・申請書(各市町村の定める様式)

 ・海外渡航時に有効なパスポート

 ・接種券のうち「予診のみ」部分

 ・接種済証又は接種記録書

 ・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)

 ※このほか、場合によって必要となる書類があります。詳細は各市町村のHP等で確認をお願いします。

お問い合わせ

接種証明書の各市町村における発行窓口や個別の手続き方法については、実際に接種証明書を発行する各市町村の情報をご確認いただくか、各市町村にお問合せください。

接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問は、厚生労働省のHPまたは新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口までお問合せください。

 厚生労働省HP「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

 厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター) 

  電話番号:0120-761-770  全日9時00分~21時00分

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 県民向け新型コロナワクチン接種のお知らせ