情報詳細

新庄村新庄地区

新庄村産業建設課
TEL:0867-56-2628

村役場から北に0.5~1キロメートルの村中心部(新庄盆地)の開けた水田地帯に、旭川源流域新庄村の清らかな水を利用し、豊富な有機物を活用した無化学肥料、無農薬栽培で人に優しい安全・安心なお米作りに取り組んでいる。県の認定を受けた有機無農薬米(旭川源流愛ガモ米)は消費者の方々のこだわりを満たす究極のお米であると地区の誇りとしている。

地区の状況

特に効果的に景観を見ることができる場所、時間帯、季節等
毎年5月中下旬にアイガモの雛が放たれ、7月下旬までの間、稲と稲の間を気持ち良さそうにぴよぴよと泳ぎまわるかわいらしい姿が見られる。
営農の様子
平成6年頃から取り組みをはじめ、現在では、新庄村有機無農薬水田約2.1ヘクタールにアイガモの雛約250羽を放鳥。雛は、害虫駆除や除草をしつつ7月下旬頃までこの水田で育ちます。和牛糞堆肥に刈草を混ぜて土作りを行っており、収穫されるお米は、岡山県が定める「有機無農薬農産物栽培指針」に沿って栽培し、岡山県の有機無農薬農産物認証審査に適合しています。
特産品・農産物の紹介
完全無農薬、無化学肥料で栽培したこだわりのお米、新庄村の特産品「旭川源流愛ガモ米」として出荷され、全国から注文が届いている。
地区の行事(伝統行事、祭り、イベント等)
毎年、新庄小学校の児童にアイガモ進水式への参加を依頼している。ふ化して数週間の雛を水田に放し、定期的に雛の観察をして「環境にやさしく、楽しく癒し農業」を学ぶ機会として活用してもらっている。
アクセス、案内所・直売施設等の状況
役場から北へ1kmの距離、途中に畑がある。田中地区から役場方面に戻ると、今も昔を偲ぶことができる脇本陣の建物など古い町並みが残るがいせん桜通りに程近い場所に「道の駅 メルヘンの里新庄」がある。ここでは、村の特産品である「ひめのもち」を使ったモッフル、さるなしのワインやジャムなどとともに、摘んだばかりの生き生きとしたリンドウの花も来訪者の人気となっている。
その他(表彰等の履歴、年間見学者の概数等)
「メルヘンの里愛ガモ稲作の会」は、平成13年(社)岡山農業開発研究所により、「おかやま有機無農薬農産物」生産集団として認定を受けている。 米分野での認定は県内でも稀少している。また、第8回環境保全型農業推進コンクール奨励賞受賞(平成14年 JA全中)。

推薦理由

平成8年「メルヘンの里愛ガモ稲作の会」結成。地理的条件を生かした環境にやさしい農業の確立に向けて取り組んでいる。消費者の方々に究極の「安全・安心なお米」を広めていくことを目指している。

このページを印刷する  このページの先頭へ