情報詳細

総社市宿

総社市農林課
TEL:0866-92-8273

重要文化財である備中国分寺を中心に、周辺の区域は吉備路を代表する景観である。この区域は県立自然公園「吉備路風土記の丘」に指定されており、保全には県及び市も連携を図り、保全に努めている。

地区の状況

特に効果的に景観を見ることができる場所、時間帯、季節等
備中国分寺前、春、秋
営農の様子
国分寺の南周辺のほ場は、自然景観を保全するため、ほ場整備は行っていない。そのため、農地の保全、管理は困難であるが、景観作物(れんげ・菜の花等)の植栽などの取り組みにより耕作放棄地にならないよう努めている。
特産品・農産物の紹介
ぶどう、もも、いちご、セロリ、千両なす、きびみどり/芋焼酎
地区の行事(伝統行事、祭り、イベント等)
「れんげまつり」を毎年4月下旬頃に開催し、多彩な立場の人々の交流の場として定着している。
アクセス、案内所・直売施設等の状況
岡山自動車道(岡山総社IC)約10分,山陽自動車道(倉敷IC)約10分
案内所,直売所吉備路もてなしの館

推薦理由

商工会、行政、地域住民、地域団体が協働していくために、「日本一のれんげ畑を育てる会」を設立し,吉備路風土記の丘周辺に50haのれんげを植え、吉備路の景観に寄与すべく活動している。

このページを印刷する  このページの先頭へ