情報一覧

倉敷市船穂町

明治26年温室ぶどうを導入。昭和31年加温栽培に切り替える。国の補助で農道を整備し、昭和42年備南畑かん事業の完工による果樹地灌水の完備。ハウスの技術革新と恵まれた気象・立地条件、極早期加温技術の確立、部会による糖度チェック等出荷・検査体制の強化、優良系統の改良、徹底した土づくりや樹齢構成の適正化が功を奏し、産地船穂は県下で一番早く出荷、収穫量も全国の4割を占め高品質なマスカットを全国に送り出している。

倉敷市諏訪下

標高30mから100mに位置し、県営ほ場整備事業において4.4haに50枚の水田と0.5haに10枚の畑があり地域で農地保全に取り組んでいる。 

倉敷市浅原地区

倉敷市浅原地区は、古くから桃、ぶどうの生産がさかんで、現在も50戸程度の農家が桃を栽培している。栽培場所は山の傾斜地が多く、景観的にも美しい。

倉敷市連島町鶴新田

本地区は、倉敷市の南部に位置し、江戸時代に瀬戸内海の埋め立てにより、現在の地形ができあがった。西部には高梁川が流れており、粘土質の土壌がれんこん栽培に適し、西日本有数の産地となっている。約70haの広大な広がりをもったレンコン畑を見ることができる。

このページの先頭へ