ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 海外から届く「当選金獲得!」には手を出さない!

海外から届く「当選金獲得!」には手を出さない!

平成23年11月掲載

【相談】

  中国・上海から封書が届いた。1億4千万円の賞金を受け取る権利を得るために、「賞金獲得請求権実行依頼書」にクレジットカード番号を記入するか、2千円の郵便為替を入れ、同封の封筒でカナダの宛先に返送するよう記載がある。信用できるか。(岡山市 男性)

【アドバイス】 

  「早急に2千円を支払わなければ1億円を受け取る権利が抹消されるという封書が来た」「購入した覚えのない海外宝くじの当選通知が届いた」など、いわゆる「海外宝くじ」に関する相談が、再び増加傾向にあります。
  以前はオーストラリアやドイツ、香港、カナダなどからエアメール(国際郵便)で送られてくる事例がほとんどでしたが、最近では中国から送られてきたという相談が目立ちます。
   なぜ海外の業者が住所や氏名を知っているのかと疑うことなく、「必ず当たる」と強く信じ込み、当選金を受け取るための手数料などを支払い続け、被害に気づいた時には多額の費用をつぎ込んでしまったというケースが少なからず見受けられます。
  また、これと類似した手口として、高額賞金がすぐに貰えるような文面のダイレクトメールを海外から送り付け、同封書面に記載のクイズやパズルの判定料、審査料、賞金獲得ゲームの参加費等の名目でクレジットカード番号の記入を促すなどの「当選商法」も横行しています。
  そもそも応募していないのに「当選した!」という話はありえません。「当選金」で消費者の期待をあおり、最初は少額の請求で関係をつくり、巧妙な心理操作を仕掛けて次々と多額の費用を支払わせることを狙った手口であり、当選者に届くのは粗末な景品ぐらいで、当選金が手に入る保証は全くありません。
  さらに、申込や応募に伴い、個人情報漏えいや悪質なダイレクトメールの送付につながる恐れがあるとともに、安易にクレジットカード番号を記入することにより多額の不正利用の被害にあう危険性が生じる点にも注意が必要です。
  海外の宝くじは、日本国内で買うだけでも違法です。こういった怪しい誘いの郵便物は破棄してしまい、絶対に手を出さないようにしましょう。
  心配なときは、お近くの消費生活相談窓口に相談してください。


トップページ 岡山県消費生活センター 海外から届く「当選金獲得!」には手を出さない!