ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

未公開株購入の誘い

【相談】

  ある事業会社からダイレクトメールが届き、開封したところ、近々、自社の株式を上場するので、1株50万円で購入しないかという内容でした。興味がないので、そのまま放置していたところ、数日後、株の売買を仲介しているという金融会社からその事業会社の株を持っていないかという電話がありました。話を聞くと優れた技術を持っており、上場したらかなりの高値になるので、1株80万円で買い取りたいとのことでした。簡単に儲けられると思いダイレクトメールを送ってきた会社に電話したところ、大変人気があり残りはあとわずかなので、直ぐに購入代金を振り込んでほしいと言われました。信用しても大丈夫でしょうか。                                                                                                   

(岡山市、男性)

【アドバイス】

 最近、未公開株に関する相談が増加しています。その内容も「上場間近で必ずもうかると勧誘されたが、信用できるか」「未公開株を購入したが、いつまで待っても上場されない」「未公開株を購入したが、業者と連絡がとれなくなった」などさまざまです。
 未公開株とは、証券取引所などの株式市場に上場されていない株のことです。上場された場合、初値が購入価格を大きく上回ることもあり、投資家の間でも注目されています。 しかし、未公開株は多くの場合譲渡制限があり、発行会社の承認がなければ株主として認めてもらえません。また、実際に上場されなければ、売買を成立させることは極めて困難であり、これを換金する方法もほとんどありません。未公開株は、法律により発行会社を除いて登録を受けた証券会社しか営業販売できません。また、必ずもうかるなどといった断定的な勧誘も禁止されています。
 しかし、無登録の悪質な業者は、上場の予定がないにもかかわらず、上場すれば確実に儲かるなどの甘い言葉で購入させようとします。また、発行会社自体が架空であったり、発行会社と他の第三者とが共謀して詐欺的な勧誘を行っている場合もあります。そのなかには、金融庁や消費者庁等公的機関を装い、被害調査や投資のアドバイスなどの口実で電話をかけて、安心させたうえで、契約させようとするケースもあります。
今回の相談事例では、金融会社は登録も受けておらず、また、著名な証券会社に確認したところ、事業会社は上場の予定もないことがわかり、共謀による詐欺の可能性が高いことを伝え、気を付けるよう助言しました。
 そもそも、株はリスクを伴う金融商品であり、損をしない保証はありません。電話などで未公開株の勧誘を受けた場合は、十分に注意が必要です。特に「あなただけに」「絶対にもうかる」などのうまい言葉に惑わされて取引することは危険です。内容をよく理解できないときや、少しでも不審に思ったら、きっぱりと断りましょう。