ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 水回り修理に高額請求

水回り修理に高額請求

【相談】

  トイレの水が詰まり、修理してもらうため電話帳を見たら「水まわり修理、基本料金5千円から」と書かれた広告があったので、その業者に連絡し家に来てもらいました。早く直してほしいと思い、全てを業者に任せたのですが、修理の後に代金を尋ねたところ10万円を請求されました。あまりにも高く騙されたと思うのでクーリング・オフをすることはできないでしょうか。

(岡山市、女性)

【アドバイス】 

 トイレや台所、お風呂などの水まわりでは、詰まりや水漏れといった事態が生じることが少なくありません。こうした際には、電話帳やチラシなどを見て、低料金と思って業者を呼ぶことが多いようですが、来訪した業者との間で作業料金やサービス内容などで揉める事例が数多く発生しています。これらの広告の中には、客寄せのために目玉となる一部の料金のみを記載してあたかも低料金で済むかのような印象を与えるものもあります。しかし、実際には様々な名目の費用が加算されるため、予想外に高い金額になることもあり、苦情の一因になっています。また、修理工事について消費者側の知識が乏しいため、どうしても業者ペースになりがちで、当初考えられていたものとは大きく異なる修理や工事を勧められ、後で思いもよらぬ高額な代金を請求されたといったトラブルも生じています。
 今回の相談者の場合、自分から業者を家に呼んでおり、原則として特定商取引法による訪問販売のクーリング・オフは適用されず、高い安いは別にして契約としては成立していることから、業者と交渉して減額してもらうしかないことを伝えました。
 このようなトラブルを避けるためには次のようなことに注意しましょう。

  • 広告料金には、基本料金しか表示されていないものもあり、問い合わせの電話をする時は出張費や夜間料金などを確認しましょう。
  • 見積もりは作業に取りかかる前に必ず書面でもらいましょう。
  • 最初に依頼した修理とは異なる工事等を勧められてもすぐに契約せず、他の業者から見積もりを取るなど、一旦冷静になって本当に必要な工事かどうかよく検討しましょう。

 水漏れなどは予期しない時に起こり、一瞬パニックになることもあります。緊急の場合も慌てず対応し、被害を最小限にするためにも、平素から止水栓、元栓の位置や、締め方を確認しておくことが大切です。


トップページ 岡山県消費生活センター 水回り修理に高額請求