ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 敷金は返還しないと言われたが

敷金は返還しないと言われたが

【相談】

 今春、大学を卒業することとなり、4年間住んだ賃貸アパートを退去することとなりました。家賃の2ヶ月分の12万円の敷金を払っていましたが、「畳やふすまが日焼けしており取り替える費用が15万かかるので、敷金は返還できない。不足分を支払ってほしい」と大家から言われました。普通に使っていたのに支払わなければならないのでしょうか。                                                                 

(岡山市、女性)

【アドバイス】

 引っ越しシーズンを迎え、賃貸住宅を退去する際の敷金をめぐってのトラブルが多発しています。敷金とは、家賃の滞納や過失による物件の破損などに対する修復費用を保証するために、貸主に預けているお金です。つまり、借り主に家賃の未払いや不注意による破損などがなければ、返還されるべきお金です。
 一方、賃貸借契約が終了後は、借り主は元の状態に戻して建物を明け渡す「原状回復」の義務があります。ほとんどの場合、この原状回復をめぐり、貸主と借り主の間でもめるようです。その判断の目安となるのが、国土交通省が定めた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」です。このガイドラインには法的な強制力はありませんが、原状回復の考え方の指針となっています。
 それによれば「原状回復」とは、借りた当時の状態に戻すということでなく、借り主が故意や不注意、そのほか通常でない使い方をしたために壊したり傷つけたりしたものを元に戻すことをいいます。
 例えば、引っ越し作業でついた傷、日常の手入れを怠ったことにより発生した壁や浴室等のカビ、たばこによる畳の焼けこげなどにかかる修繕費は借り主が支払わなければなりません。しかし、日焼けによる畳や壁の変色など時の経過とともに自然に変化したものや、テレビや冷蔵庫の設置による床のへこみなど通常の使用によるものは借り主が負担する必要はないことになっています。
 今回の相談では、畳やふすまの変色は、時間の経過によるものであり、そのような損耗による修繕費は毎月の家賃に含まれていると考えられることから、敷金の返還交渉をするよう助言し、話し合いで解決できない場合は、少額訴訟制度を利用する方法もあることを説明しました。
 このようなトラブルを防止するためには、契約する時に契約書をよく読み、退去時の原状回復や敷金の精算についてよく確認することが大切です。また、入居する際に傷や汚れなど気付いた点があれば、必ずその場で家主に立ち会ってもらい、写真を撮るなどして記録を残しておきましょう。退去する際にはそれを元に、入居時からあったかどうか確認するとよいでしょう。


トップページ 岡山県消費生活センター 敷金は返還しないと言われたが