ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 無料サイトと思ったのに請求

無料サイトと思ったのに請求

【相談】

  パソコンで調べものをしていたらアダルトサイトにつながり、無料だと思ったので年齢認証画面の18歳以上をクリックしたら、いきなり会員登録となり5万円を請求する画面が表示されました。画面には自分のアドレスやプロバイダー名が表示され、「料金を支払わない場合は、それらの情報から氏名、住所、勤務場所などを調査し取り立てに行く」と記載されていました。無料だと思っていましたが、利用規約をよく読むと端に小さい字で有料と書かれていました。料金を支払った方がいいのでしょうか。

(岡山市、男性)

【アドバイス】

 アダルトサイトや出会い系サイトなどで、何げなく画面をクリックしたらいきなり会員登録され、料金を指定口座に振り込むよう請求されたといった相談が多く寄せられています。いわゆる「ワンクリック詐欺」と呼ばれるインターネットを利用した不当請求です。
 インターネット取引においては、操作ミスをしやすいことから「電子消費者契約法」で、事業者が消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意していない場合は、申し込みは無効であると主張できることになっています。無料だと勘違いしてクリックし、登録となってしまった場合は、その契約は無効であり支払う必要はありません。
 多くの場合、アドレスや携帯電話の識別番号を画面に表示させてありますが契約の成立とは関係ありません。恐怖心をあおるために、支払いが遅れた場合にアドレス等を調べて身元を特定し、自宅や勤務先に電話をかける、あるいは利用料金に延滞料を加えて料金の徴収するといった内容が記述されていることがありますが、アドレスや識別番号から個人情報が分かることはありません。
 「職場に来られたら困る」などと支払ったり、記載された連絡先に問い合わせ、自分の名前や住所、電話番号などを教えたりすると、次々と同じような請求がくることになりますので、絶対にしないようにしましょう。
 今回の相談者にも、契約は成立していないので、支払う必要はなく、無視するように伝えました。悪質なサイトは、料金を振り込ませるために巧妙な方法でクリックさせようとします。無料だからといって興味本位にアクセスし、安易にクリックしないようにしましょう。利用規約などが表示された場合は有料かどうかも含めてよく確認しましょう。


トップページ 岡山県消費生活センター 無料サイトと思ったのに請求