ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 電話でのカード決済旅行のキャンセル

電話でのカード決済旅行のキャンセル

【相談】

  オーストラリアのパック旅行のパンフレットを見て、月末出発のプランに母親と一緒に参加しようと思い、月初めに旅行会社に電話で申し込みました。支払いはクレジットカードです。2日後、母親が足を骨折して入院することになったので、すぐにキャンセルの電話をしましたが、2人分の解約料を請求さました。申込書も提出していないし、申込金も支払っていないのに、解約料を支払わなければならないのでしょうか。

(岡山市、女性)

【アドバイス】

 パック旅行は、旅行会社が目的地、交通機関、宿泊、食事、観光などをセット して、日程や旅行代金を決めて、広告やパンフレットなどで参加者を募集し実施するものです。 契約の成立やキャンセル、旅行業者の責任などについては、国土交通省が定めた標準旅行業約款で定められており、ほとんどの旅行会社は、この約款を自社の約款として採用しています。それによると、パック旅行は「募集型企画旅行」に分類され、参加者が申込書を提出して旅行会社が承諾し、参加者が申込金や旅行代金を支払った時点で契約は成立します。
 しかし、電話やインターネットでの申し込みでクレジットカードによる決済の時は「通信契約」となり、カード会社名やカード番号などを伝え、旅行会社が承諾すると契約が成立するので注意が必要です。取消料は、契約を解除する日が、旅行開始日の前日からさかのぼって何日目に当たるかによって、国内旅行、海外旅行それぞれに定められています。
 今回の相談者は、「通信契約」に該当しており、既に契約が成立しているので、解約料の支払いは仕方ないことを伝えました。
 出発日や訪れる観光地、ホテルのグレードなどに変更があったり、交通機関の運賃などが予想外の大幅値上げとなり旅行代金が増額されるなど、旅行会社の事情で予定通りの旅行ができなくなった場合は、解約料なしでキャンセルできます。
 申し込み後に病気になったり、急用で旅行をキャンセルしなければならなくなることは十分考えられることです。また、安易な申し込みや複数の会社とのかけもち予約は、後々トラブルが生じる原因にもなりかねません。旅行を申し込む時には、キャンセル料はどのような場合に、いつから支払う必要があるのかしっかり確認しておきましょう。


トップページ 岡山県消費生活センター 電話でのカード決済旅行のキャンセル