ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 「低利一本化」融資は大丈夫?

「低利一本化」融資は大丈夫?

【相談】

 約5年前に、急にお金が必要になって消費者金融から50万円を借り入れましたが、その1年後にリストラで大幅な減収になり、返済のために借金を繰り返すようになりました。現在、消費者金融6社から全部で300万円を超える借金がありますが、最近は返済が滞りがちで、新たな借入れも難しくなってしまいました。
 先日、郵便受けに「低利一本化」とうたった融資のチラシが入っていましたが、借りても大丈夫でしょうか。

(岡山市、男性)

【アドバイス】

 最近、この事例のように「消費者金融などから借入れを重ねて返済ができなくなった」という相談が増えています。このように多重債務に陥った場合、借金を繰り返して一時しのぎをするのではなくて、早期に債務整理することが必要です。債務整理には次のような方法があります。

  • 弁護士などを通じて貸し手側と話し合って返済条件を決める任意整理
  • 裁判所の仲介で貸し手側と話し合って返済条件を決める特定調停
  • 住宅ローンを抱えているが住宅を手放したくない場合などに裁判所の認可を受けた返済計画に基づいて返済していく個人再生
  • 裁判所に申立をして所有資産を弁済に充てた上で残りの借金を免除してもらう自己破産です。

 資産や収入、借金の額、生活状況など債務者の実情に応じて、適切な整理方法を選択していくことになります。
 また、債務整理の過程で、利息制限法の制限利率(実際の借入利率は、これを超過していることが多い)に基づいて返済すべき金額を計算し直すことによって、借金の額が大幅に減額されたり、借入期間が長い場合には、過払いになっていることもあります。
 一方で、「低利一本化」などの言葉に釣られて、いわゆるヤミ金融に手を出すようなことは絶対に避けなければなりません。
 相談者には、以上のことなどを伝えて、借入先や金額・時期などが分かるものを用意して、できるだけ早期に弁護士会や司法書士会の法律相談を受けた上で、債務整理していくように助言しました。
 このように、多重債務に陥っても、それを解決する方法はあります。一人で悩まずに勇気を出して、まずは自治体や弁護士会などの公的機関の窓口に相談することから始めましょう。それが再出発のための確実な第一歩なのです。


トップページ 岡山県消費生活センター 「低利一本化」融資は大丈夫?