ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 同窓会装った電話勧誘(氏名広告)

同窓会装った電話勧誘(氏名広告)

【相談】

  先日、突然自宅に出身高校の同窓会事務局のような所から「母校を応援するため新聞に広告を掲載することになった。ついては、氏名の掲載に協力してほしい」との電話があり、自分だけ掲載されないのは恥ずかしいと思い、つい承諾しました。 後日、掲載された新聞と請求書が送られてきましたが、とても貧弱な内容だったため、母校へ確認すると、同窓会事務局とは全く関係のない企画であることが分かりました。支払わないといけないのでしょうか。

【アドバイス】

  最近、高齢者の方からの同様な苦情相談が当センターに多く寄せられてきています。おそらく、業者が同窓会名簿のようなものを手に入れて、勧誘しているものと思われます。
  業者が直接電話で消費者に法律で指定された商品やサービスの契約を勧誘し、消費者が電話などの通信手段でそれに応じる販売形態を「電話勧誘販売」と呼んでいます。電話勧誘販売を行う業者は、電話をかけるとき、業者名、担当者名、勧誘目的の電話であること、勧誘する商品等の種類を告げることを法律で義務づけられていますが、相談内容から判断すれば、業者名などをはっきり告げていなかったようにも思われます。
  電話勧誘販売では、電話のやりとりだけで契約が成立しますから、消費者を保護するため、業者は消費者が承諾した場合は、契約内容を記載した書面(契約書面)を交付する必要があります。また、消費者は契約書面を見て内容に不満があれば書面を受け取った日から8日以内ならクーリング・オフ(契約解除)ができることになっています。今回のケースでは、電話承諾から8日を過ぎていましたが契約書面が交付されていなかったため、クーリング・オフの手続きを助言しました。
  勧誘電話がかかったときは、業者の言葉をうのみにすることなく、承諾する前にいったん電話を切り、母校に問い合わせるなど、事実を確認するようにしましょう。


トップページ 岡山県消費生活センター 同窓会装った電話勧誘(氏名広告)