ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター アダルトサイト料金請求された

アダルトサイト料金請求された

【相談】

 携帯電話に「写真見てね」という友人からのようなメールが入ったので、開くと入り口が表示された画面となりました。何かと思ってクリックすると、アダルトサイトに入り、「登録が完了しました。登録料金3万円を5日以内に支払ってください」と表示されました。確認のため、入り口が表示された画面をスクロールすると利用規約が出てきて、最後に料金のことが書かれていました。利用する意思もなくクリックしただけなのに支払わないといけないのでしょうか。

【アドバイス】

 携帯電話サイトやパソコンのインターネットで「クリックしただけで自動登録となり、登録料金を請求された」という相談が多く寄せられています。サイトの画面は、有料の契約ということは分かりにくくなっており、一回クリックしただけで料金請求画面が表示されます。画面をスクロールすると規約は確認できるようになっていますが、長い条文の最後に料金などの重要な内容が表示されているといったものがほとんどです。
 本件の場合、相談者に利用規約を見なかったという落ち度はあるものの、契約する意意はなく、錯誤による無効を主張することができると思われます。支払わないで様子を見て、もし業者から直接電話がかかってきた場合は、支払う意思がないことを伝え、早めに電話を切るように助言しました。電話の内容が脅迫的なら警察に連絡するように言いました。
 「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」では、消費者がインターネットサイト上で申し込む前に、有料であることや申し込み内容について事業者が確認を求める措置(確認画面、訂正画面)を講じていなければ、錯誤による契約の無効を主張できるとしています。
 このような被害にあった場合、こちらからサイト側に連絡をすると個人情報を知られ、不当な請求を受けることにもなりかねません。安易に支払うと、後で次々と高額な請求を受けたという事例もあります。また、携帯電話会社を通じて住所氏名などは調べることはできず、自宅まで請求に来る可能性はほとんどありません。
 差出人の分からないメールや広告メールに記載されたアドレスには不用意にアクセスしないでください。もしアクセスした場合は、必ず利用規約をよく読むようにしましょう。 


トップページ 岡山県消費生活センター アダルトサイト料金請求された