ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター クーリングオフ、業者再訪が心配

クーリングオフ、業者再訪が心配

 【相談】

訪問販売業者に古い布団のリフォーム等をしてあげると言われ、了承したところ、新しい布団の購入を勧められ、断り切れずに契約しました。業者が帰った後、冷静になって考えると、とても高額なので解約したいと思いましたが、クーリング・オフした後、業者が再び訪れることがあるという話を聞いたので心配です。

【アドバイス】

羽毛布団の消毒・乾燥のアフターケア、布団のクリーニング、リフォームなど、布団の点検やクリーニングに訪れた業者から、その場で新しい布団の購入を勧められ、断り切れずに、つい契約をしてしまったようです。
点検やクリーニングを口実に訪れた業者から、カビなどで使いものにならないとか、羽毛の質が良くないなどと不安をあおられたり、クリーニングを無料でするとか、古い布団の下取りをするなどと有利な条件を持ちかけられて、つい契約に応じてしまうケースは多いようです。こういった場合、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、クーリング・オフができます。布団の場合は、クーリング・オフ期間内であれば、開封し使用していてもよいのです。ただし、使用しているとクーリング・オフにならない商品も多いので、具体的な問題が起こった場合は、消費生活センターまでお問い合わせください。
また、中には、クーリング・オフをした後にも、当初の話ではサービスだったはずの点検料やクリーニング代を請求したり、値引きをするからなどといって、クーリング・オフを回避しようとする業者もあるようです。当センターに相談があった事例で、クーリング・オフをした後に業者の訪問を受け、新しい条件を提示されたが、それに対し、一旦契約したものだし、布団も何日か使っているのでクーリング・オフするのは気の毒だと、交渉(値引き)に応じて最終的には購入したという例もありました。
納得されてのことであれば、その判断にまでセンターとして立ち入ることは出来ませんが、いずれにしても、それが本当に必要な品物かどうか、よく考えた上で、不要な物ははっきり断るように心がけたいものです。


トップページ 岡山県消費生活センター クーリングオフ、業者再訪が心配