ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター [消費のアドバイス]訪問販売で屋根修理契約、解除可能か

[消費のアドバイス]訪問販売で屋根修理契約、解除可能か

相談

リフォーム業者が「瓦がずれているので無料で点検してあげる」と家を訪れた。点検してもらうと「多数の瓦がずれており崩れる危険がある。今なら修理代100万円を70万円に割り引く」とせかされ、その場で契約してしまった。クーリング・オフができるか教えてほしい。
 (津山市、男性)

アドバイス

訪問販売には、業者の強引な勧誘や、長時間にわたる勧誘など問題になるケースがあります。その中でトラブルの多いものに「点検商法」があります。
 まず業者は、屋根、外壁、床下、水道、布団、消火器、配水管などを「無料で点検してあげます」と訪問してきます。点検した後、実際は違うのに「このまま放っておくと危険です」などと不安をあおるようなことを言って商品やサービスの購入を迫ります。
 今回の相談は、訪問販売による契約で、契約後8日以内だったのでクーリング・オフが可能であるため、クーリング・オフの仕方((1)必ず書面で行う(2)発送前に必ずコピーをとって保管(3)郵便局の窓口で発信日が証明される「特定記録郵便」「簡易書留」等で相手に送付する、など)を助言しました。クーリング・オフの手続きを行えば、依頼した工事が完了していても一切負担することなく契約解除できます。
 点検商法の被害に遭わないためには、次の点に注意しましょう。
 1 無料点検は、あくまで点検後のセールスを目的にしているので、必要がなければ、無料だからといって安易に点検を依頼しない。
 2 業者が不安をあおるようなことを言っても、うのみにしない。
 3 「今日中に契約したら割引します」と言って、むやみに契約を急がせたりする場合は要注意。
 困ったときは、居住地の消費生活相談窓口に相談してください。

トップページ 岡山県消費生活センター [消費のアドバイス]訪問販売で屋根修理契約、解除可能か