ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】突然現れるパソコンの警告表示

【消費のアドバイス】突然現れるパソコンの警告表示

相談

パソコンを操作中、画面に「パソコンのパフォーマンスに問題がある。」という警告表示が出たので、セキュリティソフトを購入した方がよいと思い「購入」を選択し、6300円の代金をコンビニ決済で支払った。しかし、画面の警告画面はパソコンを立ち上げるたびに表示されて消えない。解約したい。
(岡山市 男性)

アドバイス

パソコンの操作中にパソコンの危険などを知らせる警告表示が現れて、セキュリティソフトやパソコンの性能を改善するソフトなどをインターネット経由でダウンロードしてしまったが、解約したいという相談が増加しています。
突然現れる警告表示は、本当の危険やエラー等を知らせるものだけとは限らず、消費者の不安をあおりソフトの購入手続きに誘導する「広告」の可能性があります。信頼できる表示かどうかわからない場合には、クリックしないようにしましょう。
広告等の警告表示が出る原因の一つとして、パソコンのOS(基本ソフト)やアプリケーションが最新の状態でない場合に、ウェブサイトを閲覧した際などに、意図せず警告を表示させるプログラムなどが埋め込まれることが考えられます。
パソコンの危険な状態を回避するためには、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の情報セキュリティ安心相談窓口のホームページで情報収集してください。
相談事例の場合は、決済代行業者に電話して解約することが出来ました。警告表示については、パソコンがウィルス感染し、システム復元が必要なことを伝えたところ、自分では無理なのでパソコンを購入した電気店に相談するとのことでした。
困ったときは、居住地の消費生活相談窓口に相談してください。

トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】突然現れるパソコンの警告表示