ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意

【消費のアドバイス】遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意

相談

大手電話会社を名乗って電話があり、「ネット料金が安くなる」と勧誘されたので、プロバイダ契約の料金プランの変更と思い了承した。その後、業者の電話の指示に従い、パソコンの画面を遠隔操作して変更したが、後日送られてきた書類を確認すると、他社とのプロバイダ契約に変更されていた。解約を申し出ると高額な違約金を請求され、納得できない。
(岡山市 女性)

アドバイス

電話で大手電話会社名をかたるなどして、インターネットに接続するためのプロバイダ契約の変更を持ちかけ、遠隔操作で設定変更をする勧誘方法に関する相談が急増しています。
「通信料が安くなると言われて遠隔操作によりプロバイダ契約を変更したが、言われたとおり安くならなかった。」「大手電話会社からの電話だと思い、プロバイダ契約の内容変更を承諾したが、そうではなかった。」などです。
こうしたプロバイダ等の契約には法律上のクーリング・オフ制度はありません。
「今より安くなる」などと勧誘されても、契約内容がよくわからないまま、電話口では承諾しないでください。契約前に契約内容に関する書面を求め、契約先、料金について正確に理解しましょう。知らない間にオプション等を申し込んだことになっているケースもあり、注意が必要です。
相談事例の場合は、相談者から「同社と契約する意思はない。勧誘時にプロバイダ変更に関する説明がなかったのに、解約料を支払うことは不当である。」旨を文書にしてプロバイダ会社に送付するとともに、センターからも業者と交渉したところ、解約料なしで解約されました。
困ったときは、居住地の消費生活相談窓口に相談してください。

トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘に注意