ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】身に覚えのない料金請求のメール

【消費のアドバイス】身に覚えのない料金請求のメール

相談

 携帯電話にメールが届き、「総合情報サイトに登録したまま無料期間が過ぎて、料金が長期間未納になっている。連絡しなければ身元調査して裁判をする。」と書かれていた。サイトを利用した覚えはないがどうすればよいか。
(倉敷市:男性)

アドバイス

 利用した覚えのない料金を請求される架空請求についての相談が増えています。以前は、ハガキによるものが多かったのですが、最近は、電子メールが大幅に増え、請求名目も「総合情報サイト利用料」「モバイルコンテンツ利用料」など、内容の詳細がよく分からないものが多いようです。
 業者は、「身辺調査」「法的措置」などの言葉で消費者の不安をあおりますが、驚いて連絡してきた消費者に対し、高額な請求をしたり、さらに詳しい個人情報を聞き出したりすることが狙いです。
 このような架空請求のメールには絶対に応じてはいけません。
電子メールの場合、詳細を確認しようと業者に電話すると、業者に電話番号を知られてしまい、より個人が特定された状況で請求されることになります。
 利用した覚えのない請求は、支払わず無視してください。「これ以上関わりたくないから」と請求に応じてしまうとターゲットにされ、更なる請求に繋がります。
 何度もメールで架空請求が届くような場合は、ブロバイダや携帯電話会社の迷惑メール撃退サービスを利用する方法もあります。
請求内容に不明な点があったり、不安を感じたりする場合は、一人で悩まず速やかに居住地の消費生活相談窓口に相談してください。

トップページ 岡山県消費生活センター 【消費のアドバイス】身に覚えのない料金請求のメール