ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 写真で見る県政 熊本地震の被災地へ建築職員を派遣
2017年の出来事
2016年の出来事
2015年の出来事
2014年の出来事
2013年の出来事
2012年の出来事

熊本地震の被災地へ建築職員を派遣

熊本地震の被災地へ建築職員を派遣

 4月19日、県は、熊本県などを震源とする地震の被災地へ、被災建築物応急危険度判定士を派遣するため、建築職員6名の出発式を行いました。
 足羽副知事が「これまでの知識と経験を活かして、被災者の安全、安心のために活躍してください」と激励すると、派遣職員は「現地の安全、安心を守るため、全身全霊を尽くします」と決意を述べました。
 被災建築物応急危険度判定士は、被災した建築物を調査し、倒壊の危険性などを判定する活動を行います。

記事に関するお問い合わせ

岡山県県土木部建築指導課
Tel 086-226-7504

トップページ 写真で見る県政 熊本地震の被災地へ建築職員を派遣