ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 「住まいの再建に関する意向調査」の実施について
2019年の報道発表資料
2018年の報道発表資料
2017年の報道発表資料
2016年の報道発表資料
2015年の報道発表資料

「住まいの再建に関する意向調査」の実施について

 平成30年7月豪雨災害で住宅が全壊、半壊(大規模半壊を含む。)し、居住する住宅がない被災者に対して、応急仮設住宅を提供しているところですが、入居者の今後の住まいの見通しなどを把握し、生活再建支援の参考とするため、関係市町と連携し、次のとおり調査を実施するので、お知らせします。
1 調査対象
   令和元年6月1日現在、応急仮設住宅に入居している世帯 2,920世帯(見込)
   <内訳>
    建設型:274世帯、借上型(みなし):2,646世帯

2 調査主体
   県及び関係市町(10市2町)

3 調査方法
   アンケート調査方式(郵送又は聞き取り)

4 主な質問内容
   (1)今後の住まいの希望(希望場所、再建方法、時期)
   (2)再建の進捗状況
   (3)再建にあたっての課題

5 スケジュール
   6月上旬      配付(6月下旬に回収)
   6月下旬~7月   調査票集計
   8月以降      集計結果分析
  
お問い合わせ先

 保健福祉課 被災者生活支援室
 電話 086-226-7876

トップページ 報道発表資料 「住まいの再建に関する意向調査」の実施について