ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 【11月16日(金曜日)開催】楽しいお話とミニ・シアターツアーで能と狂言の世界をのぞいてみよう

【11月16日(金曜日)開催】楽しいお話とミニ・シアターツアーで能と狂言の世界をのぞいてみよう

楽しいお話と能舞台ミニ・シアターツアーで能と狂言の世界をのぞいてみよう! ~「お話と見学で親しむ能楽の世界」を開催します~

 岡山後楽園では、今年4月から実施している能舞台復元60周年記念事業」の一環として、このほど次のとおり、講演と見学会により能楽や能舞台について理解を深めていただく行事を開催します。
 参加は無料(後楽園の入園料は必要)、事前申込みは不要ですので、お気軽にご参加ください。
 ※来場者多数の場合は、ご参加いただけないことがあります。あらかじめ、御了承ください。 

お話(講演会)

《日時》
 平成30年11月16日(金曜日)14時00分~16時00分(13時40分開場予定)
《演題》
 「岡山池田藩の能舞台の構成」
《講師》
  小野芳朗 氏(国立大学法人京都工芸繊維大学 理事・副学長)

ミニ・シアターツアー(能舞台見学会)

《日時》
 平成30年11月16日(金曜日)12時30分~13時40分
 ※受付は、12時00分~13時10分(栄唱の間・入口)。
 ※受付開始時刻は、状況により繰り上げ。
《内容》
 能舞台(本舞台、橋掛かり(はしがかり)、鏡の間等)や、その観覧席(見所(けんじょ))となる栄唱(えいしょうしょう)の間、墨流し(すみながし)の間などをツアー形式で案内。

開催場所

岡山後楽園 能舞台ほか(岡山市北区後楽園1-5)

主催等

主催:岡山県
協力:公益財団法人岡山県郷土文化財団

対象・想定来場者数

 能楽に興味がある県民の皆さん等(県外からの参加も歓迎)、約100名。

参加費

 参加費は、無料。ただし、後楽園の入園料が必要。

申込方法等

 事前申込みは不要ですが、来場者多数の場合は、行事に参加いただけないことがあります。あらかじめ御了承ください。
詳しくは、岡山後楽園のホームページ又はチラシをご覧ください。

参考

【岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業について】
 岡山後楽園では、戦災で焼失した江戸時代の能舞台が、昭和33年(1968年)に復元されてから今年で60周年になるのを記念して、この能舞台が特別名勝である後楽園の重要な建物として、また、岡山の文化の中心地として果たしてきた役割や、舞台で演じられる能・狂言の魅力など、様々な視点から情報発信を行う「岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業」を展開しています。(平成30(2018)年12月まで)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 【11月16日(金曜日)開催】楽しいお話とミニ・シアターツアーで能と狂言の世界をのぞいてみよう