ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 (後楽園)岡山藩主ゆかりの能舞台で能・狂言を体験してみよう!~「能楽ワークショップ」の参加者を募集します~

(後楽園)岡山藩主ゆかりの能舞台で能・狂言を体験してみよう!~「能楽ワークショップ」の参加者を募集します~

 岡山後楽園では、江戸時代に造られた能舞台が戦災後に復元されてから、今年で60周年になるのを記念して、この能舞台が特別名勝である後楽園の重要な建物として、また、岡山の文化の中心地として果たしてきた役割や、舞台で演じられる能・狂言の魅力など、様々な視点から情報発信等を行う「岡山後楽園能舞台復元60周年記念事業」を今春から展開しているところです。
 このたび、この事業の一環として、能や狂言を自ら体験しながらその魅力を実感していただくワークショップを開催することとしました。

1 事業の名称 : 能楽ワークショップ(能及び狂言の体験会)
2 事業の概要
(1)能の部
ア 開催日時 : 平成30年11月24日(土曜日)13時30分~15時30分
イ 講師 : 大島衣恵(おおしまきぬえ)氏(喜多流能楽師)
(2)狂言の部
ア 開催日時 : 平成30年11月17日(土曜日)13時30分~15時30分
イ 講師 : 田賀屋夙生(たがやはやお)氏(大蔵流狂言師)
※能、狂言いずれか一方のみの参加も可能。
3 対象・定員等
(1)対象 : 能楽に興味を有する県民等(県外からの参加も可)。
 ただし、小学生以上とする。
(2)定員 : 能、狂言、各25名(予定)。
4 参加費 : 無料(但し、後楽園の入園料が必要)
5 申込方法等(能・狂言共通) : 下記リンク先(岡山後楽園のホームページ)又はチラシをご覧ください。
6 申込締切 : 10月25日(木曜日)(必着)
7 用意する物 : 木綿の足袋(足袋を着用しなければ、能舞台に上がることはできません。)
※詳細は、下記のリンク(岡山後楽園のホームページ)又はチラシをご参照ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 (後楽園)岡山藩主ゆかりの能舞台で能・狂言を体験してみよう!~「能楽ワークショップ」の参加者を募集します~