ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 後楽園能舞台と能・狂言の魅力を再発見!岡山後楽園能舞台復元60周年記念フォーラム「後楽園能舞台の歴史と未来」を開催します。

後楽園能舞台と能・狂言の魅力を再発見!岡山後楽園能舞台復元60周年記念フォーラム「後楽園能舞台の歴史と未来」を開催します。

岡山後楽園能舞台復元60周年記念フォーラム「後楽園能舞台の歴史と未来」

既に4月25日付けでお知らせしているとおり、県では、今年、後楽園の能舞台が復元後60周年を迎えることを記念して、12月にかけて後楽園能舞台の歴史や特徴を広く普及・啓発するとともに、舞台で演じられる能・狂言への関心を高める多彩な催しを展開し、後楽園の文化的価値に根ざした一層の魅力向上を図ることとしています。
このたび、一連の事業の中心となる記念フォーラムの内容等が決定しましたので、次のとおりお知らせします。

          記
1 行事の名称 岡山後楽園能舞台復元60周年記念フォーラム
「後楽園能舞台の歴史と未来」
2 日時 平成30年6月9日(土曜日) 13時00分~16時00分
3 場所 岡山後楽園能舞台(客席は、「栄唱の間」などを予定)
4 概要
(1)講演
『後楽園能舞台と岡山の能・狂言』(岡山大学 教授 金関猛氏)
『岡山藩主池田綱政と「能」―後楽園能舞台における演能について―』
(川崎医療福祉大学医療福祉学部 講師 西脇藍氏)
(2)能・狂言
・能(舞囃子など) 出演:藤井千鶴子氏、山崎芙紗子氏 ほか
・狂言       出演:田賀屋夙生氏 ほか
(3)公開座談会
テーマ「後楽園能舞台の思い出と将来」
(出席:講演講師、能・狂言の出演者(一部))
5 主催等 主催:岡山県 / 協力:(公財)岡山県郷土文化財団
6 参加料、申込方法 
・無料(別途後楽園への入園料が必要)
・事前申込みは不要ですが、満席の場合、御入場いただけないことがあります。
※能及び狂言の演目、出演者の詳細等については、別添チラシを御参照ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 後楽園能舞台と能・狂言の魅力を再発見!岡山後楽園能舞台復元60周年記念フォーラム「後楽園能舞台の歴史と未来」を開催します。